季節の風物詩 : 7月7日は「七夕」

コロナ禍で日常の時間が止まったような気になっていましたが、気がつくともう7月です。で、ジメジメ梅雨は忘れて7月のイベントをみてみましょう。

みなさん、7月のイベントというと頭の中に何を浮かべますか。

学生の方は、真っ先に夏休みを浮かべる人も多いのでは?

また夏休みとなれば旅行に、遊びにといろいろ。でも、イベントとなると海開きに、お中元(?)、七夕と意外に少ないですね。

今回は、この中の7月7日の「七夕」にフォーカスしてみました。

ところで、七夕の日に皆さんはいまでも短冊にお願い事を書いて笹飾りに吊していますか!?

この日は自由に願い事を短冊に書き込むのが一般的ですが、実は「笹の節句」とも言われ、3月3日の桃の節句や5月5日の端午の節句と同様に、子供の成長を願う節句のひとつだと知っていましたか。

由来も「織姫(織女/しょくじょ)さんと彦星(牽牛/けんぎゅう)さんが年に一回、天の川で会う」というロマンチックな日ぐらいしか頭に浮かんでこないのではないでしょうか。

それでは、七夕のウンチクと参ります!

◆ 七夕の由来と何故タナバタと読むの?

その由来は古く、日本には奈良時代に中国から伝わってきました。古来中国で誕生した織姫(織女/しょくじょ)と彦星(牽牛/けんぎゅう)の七夕伝説は、織女星(しょくじょせい)を祭る儀式(たなばたまつり)として女の子のための行事で、織女にちなんで女の子の針仕事の上達を祈る『乞巧奠(きこうでん)』という行事でした。

資料:金沢大学資料館 儀式風俗図絵七夕/乞巧奠

これが奈良時代の遣唐使によって日本に伝わると、宮中を初めとする貴族たちが旧暦の7月7日の宵に宴を開き、夜空に思いを馳せながら琴を弾いたり梶(かじ)の葉に和歌を読んだりして芸事の上達を祈る行事に変化しました。また、旧暦の7月はお盆や稲の開花期、麦などの収穫期にあたります。その慣習として機(はた)で織った布を祖霊や神にささげたりしていました。そこで、お盆に先立ち祖霊を迎えるために乙女たちが水辺の機屋にこもって穢れを祓い、機を織る行事が行われていました。水の上に棚を作って機を織ることから、これを「棚機」(たなばた)といい、機を織る乙女を「棚機つ女」(たなばたつめ)と呼びました。

資料:国立国会図書館デジタルコレクション 歌川広重 「名所江戸百景 市中繁栄七夕祭」

七夕飾りに使っている笹竹には、神迎えや依りついた災厄を水に流す役目がありました。やがてこの行事と陰暦七月七日の夜、牽牛星(けんぎゅうせい)・織女星(しょくじょせい)を祭る儀式乞巧奠(きこうでん)とが交じり合い、江戸時代に現在のような形に変化していきました。そして、7月7日の夕方を表して“七夕(しちせき)”と呼ばれていたものが、棚機(たなばた)にちなんで“七夕(たなばた)”という読み方に変わっていったそうです。

なるほど、いまでは七夕は“タナバタ”ですが、本来の漢字読みならタナバタとは読めないですね。

次にお飾りにもちゃんとしたルールもあるのですよ。

◆ 願い事を書く短冊は5色

短冊には、願い事だけでなく、「天の川」など七夕にちなんだことばや絵を書いて下げます。五色(ごしき)というのは、中国の陰陽五行説にちなんだ「青、赤、黄、白、黒」の五色。陰陽五行説とは、古代中国の「木、火、土、金、水」の五つの要素が、この世のものすべての根源であるという説で「青=木・赤=火・黄=土・白=金・黒=水」を表しています。

【七夕飾りの意味】

笹には短冊の他にもいろいろと飾りをつけますが、そのひとつひとつに意味があります。

・吹き流し:織姫の織り糸を表しており、五色を用いて魔除けの意味もあります。紙風船かくす玉に五色の紙テープを適当な長さに切って貼りつけます。

・網飾り:魚を捕る網を表し、豊年豊作大漁の願いを込めて飾ります。

・折鶴(千羽鶴):長寿のシンボルである鶴を折り紙で折り、長寿を願います。

・神衣(かみこ):紙の人形(着物)を飾ると裁縫が上達し、着るものに困らなくなるといわれています。また、災いを人形に移すという意味もあります。

・財布(巾着):言わずと知れた金運上昇を願います。折り紙で折ったり、本物の財布を下げたりします。

・くずかご:ものを粗末にしないという意味で、七夕飾りを作る時に出た紙くずを、折り紙のかごに入れて吊します。

最後に七夕飾りや笹は、七夕の夜のためのものなので翌日には取外します。(ひな人形みたいですね)本来は川に流して清めるものですが、環境問題もあるので、いまは川には流さないで小さく切ってごみの日に出しましょう。ただし、願い事を書いた短冊は、近所の社寺に持ち込めばお焚き上げしてもらえるそうです。

■七夕に行事食があったの?!

ちなみに、七夕の行事食は「そうめん」だと知っていましたか。・・・知らなかったーっ!千年も前から七夕の行事食となっているそうです。時節に旬のものを食べ、邪気を祓ったり無病息災を願ったりする日本の風習からか、暑い夏に食欲減退するときにぴったりの食べ物です。そうめんの姿も天の川や織姫の機織り糸にも見立てることができますね。

全国乾麺協同組合連合会さんでも「夏越(なごし)そうめん祭り」でアプローチしてます。日本手延素麺協同組合連合会さんも頑張ってください。

 

今回、七夕について色々調べてみたら、意外に知らなかったことが多かったのでは?

いまでは自宅で七夕飾りを出す人も少なくなりましたが、由来を知ってたまには家族や友人たちと一緒に七夕飾りを飾ったり、商店街の七夕飾りの短冊にお願い事を吊してみても楽しいですよ。

ギフト研究所としては、やはり織姫(織女)と彦星(牽牛)の“七夕伝説”にちなんで、男女互いに告白する『日本風バレンタインデー!』なんて盛り上がって欲しいところなんですが・・・。そういう意味でも七夕ギフトはありですね。

あっ!、そうめんを片手に告白じゃないですよ。(笑)

そうめんは風呂敷に包んで残暑お見舞いの手土産や暑い日に“流しそうめんパーティー”なんてのもいいじゃないですか。

これからどんどん気温も上昇して、暑い日が到来します。皆さん、世の中まだウィズコロナであることと水分補給は忘れず健康に気をつけて頑張って参りましょう!!