京王百貨店
ニューノーマルでの百貨店の新しい取り組み
オリジナルギフトサイト「てのひらギフト」
が9月25日(金)からスタート

京王百貨店では、オリジナルギフトサイト「てのひらギフト」を9月25日(金)に自社HP上にてリリースする。またLINEギフトにも登場し、百貨店サイトユーザー以外との接点拡大も図っていく。

京王百貨店「てのひらギフト」トップページ

京王百貨店では、日常でのちょっとした贈り物のニーズが拡大していることを受け、さりげなく贈れる「てのひらサイズ」のギフトに特化した「てのひらギフト」を展開。日々に忙しいワーキングマザーが、感謝の気持ちとして気軽に贈れる、小さくてかわいい、手ごろな価格の商品を専任バイヤーがセレクトしている。ECサイト専用の倉庫で管理することで即日出荷も実現させた。
もともと京王百貨店ECサイトの売上の大半は中元・歳暮などに代表されるギフト需要になる。百貨店の強みである「ギフト」と「EC」との相性の良さは織り込み済みだったが、コロナ禍でその傾向がより顕著になった今、これまで得意としてきたフォーマルギフトに加え、新たな領域であるカジュアルギフトに踏み出していく。関連会社セレクチュアー㈱(「アンジェweb shop」を運営)と協業し、京王百貨店の既存サイトとは異なる手法で作り上げる新規サイトは、独自に商品を買い付け、LINEギフトにも出店。ニューノーマルで「お客様が店に来られない」のであれば「こちらからお客様に近づいていく」、百貨店としての新たな試みとなっている。

< てのひらギフト概要 >
開設日時:9月25日(金)10時~
ターゲット:30~40歳代のワーキングマザー
コンセプト:「贈る側もさりげなく 贈られた側も気兼ねなく コンパクトなサイズでお届けします」

URL:shop.keionet.com/cp.html?fkey=tenohira_gift
Instagram:https://www.instagram.com/tenohira_gift/

だれかに贈りたくなる小さくてかわいい商品
誕生月ごとのおすすめギフトや、ハンド・ボディケアグッズなどのコスメ、アクセサリー、雑貨類まで、季節感のある商品を順次拡大していく。

天気の変化がひと目で分かる ストームクラウド 3,300円

伝統的な水引で食卓を飾る花あそび箸置き 5個セット/自遊花人 4,400円

ドライフラワーが浸かるマルチオイル オーヴシトラス/Botanicfolk 5,390円

贈り物を送る時間も楽しんでもらいたいから、商品はコラム形式で紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本記事に掲載している内容は、株式会社PRTIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。掲載内容に関するお問い合わせはニュース元、または株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。