コロナ禍で「モノの仕送り」需要が急増
いま考えてみれば…これもまた強い絆のギフト!!

(株)マクロミル / 『最高の仕送り2020』で親子のコミュニケーション活性化を支援!!

公式サイト:https://www.madeinyourvoice.jp/saikouno-shiokuri/

マーケティングリサーチのリーディングカンパーニーである株式会社マクロミルが、コロナ禍で実家に帰省できない子どもと親のコミュニケーションに着目し、親と子の2,000人を対象に行った調査結果を元に『最高の仕送り2020』のキャンペーン企画をスタート。

今回の親子の絆を強くする『最高の仕送り』のキャンペーン開催と共に『最高の仕送り』ガイドブックをHPより無料で配布している。

【取組への背景】

2020年のゴールデンウィークや夏休みは、新型コロナウイルスの感染拡大予防のために、政府や自治体から“帰省控え”が呼びかけられました。人々の生活が大きく変化し、離れて暮らす親子のコミュニケーション方法にも“ニューノーマル”と言われる新しい常識が定着するかもしれません。また、あと3カ月あまりで次の帰省シーズンである年末年始が訪れようとしています。

そこで、帰省できない子どもへモノを仕送りする親の気持ちに着目し、新型コロナウイルス感染拡大以降にモノの仕送りをした親へアンケートを実施し、意識や実態を調査しました。同じように、仕送りを受け取った子どもにも同様のアンケートを実施しました。これらの結果を元に、『最高の仕送り2020』を立ち上げ、取り組みを実行いたします。(マクロミル ニュースリリースより)

調査結果トピックス

  1. コロナ禍で「モノの仕送りデビュー」をした親が37「送る頻度が増えた」親も34%。
  2. モノの仕送り理由は「マスク衛生用品を送りたかった」「子どもが帰省できなかった」「子どもの生活が心配だった」が上位。
  3. 地元の特産品や郷土料理を送った送ることを検討したが40にのぼる。理由は「帰省できない子どもに、ほっこり元気を与えたかったから
  4. モノの仕送りは、経済・健康面のサポートだけでなく「親子のコミュニケーション活性化」に役立てられている。

『最高の仕送り2020』 調査結果を踏まえた取り組みとして
調査結果を踏まえ、現在もコロナ影響により帰省ができず直接会えない親子や、2020~2021年の年末年始の帰省が難しい親子のために、マクロミルは以下2つの『最高の仕送り2020』企画を再始動。

1)『最高の仕送り』ガイドブックの無料ダウンロード

親と子の双方に実施した調査結果を元にして、「子どもに、最高に喜んでもらう仕送り」をするためのコツやノウハウをまとめたガイドブックを公式サイトで無料公開。親の仕送りを支援。

 

2)『最高の仕送り』オリジナルグッズのプレゼント
仕送りを通じた親子のコミュニケーションがさらに楽しくなるようにと制作した、「最高の仕送り」オリジナルグッズをプレゼント。

〇 段ボール
1,034人の親から集めた子どもへの想いを表現した段ボール。面と向かってはなかなか言えない親心を、仕送りと共に届けられるダンボール箱。

 

 

〇 ガムテープ
「親の想いを応援メッセージと共に伝えるテープ」、「子どもに笑って欲しい時に使うテープ」、「メッセージを自由に書き込めるテープ」の3種類。

 

 

〇 ステッカー

段ボールの外や中身の品物に貼れるステッカー。中身についての注意事項や、品物に込めた想いなど、自由に組み合わせてメッセージを伝えられるようになっている。

 

※キャンペーンの詳細については公式サイトでご確認ください。

公式サイト:https://www.madeinyourvoice.jp/saikouno-shiokuri/

調査概要
調査機関:株式会社マクロミル /調査手法:インターネットリサーチ
<親への調査>
調査期間:2020年7月27日(月)~2020年7月28日(火)
調査対象:新型コロナウイルス感染拡大以降に、学生・社会人1~2年目の子どもへモノの仕送りをした方
割付条件:割付なし/1,000サンプル
<子どもへの調査>
調査期間:2020年7月27日(月)~2020年7月29日(水)
調査対象:新型コロナウイルス感染拡大以降に、親からモノの仕送りを受け取った学生・社会人1~2年目の方
割付条件:出現率に基づき、学生639サンプル、社会人1~2年目361サンプル/合計1,000サンプル

ギフ研コメント —

調査でも明らかですが、ギフトは相手を思う心にはじまり、互いの絆を強くします。その観点からも親と子という最も強い絆で結ばれた関係を考えると「仕送り」は、親にとって“真心の詰まったギフト”であり、子供にとっては“最高のギフト”になります。今回のマクロミルさんの『最高の仕送り』キャンペーンで、子として、親子であるからこそついつい忘れがちな“親心”に気付かされたのではないでしょうか。