そごう・西武
自宅時間が増えた今、新しいくらしを提案
「くらしのデザイン展2020」開催

今回はどなたかへのギフトというより、コロナ禍で新しい暮らしを迎えた“自分環境へのギフト”という視点で興味深いイベントが、そごう・西武で開催される。

それは自宅での時間をより心地よく、より豊かに楽しめる、新しいくらしを提案するイベント、「あたらしいくらし心地」の開催。

西武池袋本店では2012年より、50代からの自分らしく、豊かに生きる暮らし方を提案する「くらしのデザイン展」を開催し、2016年には取り組みを発展させ、西武池袋本店に常設サロン「くらしのデザインサロン」を開設し、大人の暮らしと住まいづくりをサポートしてきた。

第9回目となる今年の「くらしのデザイン展」は、新型ウイルス感染拡大の影響により自宅で過ごす時間が増え、改めて過ごしやすい住まいづくり、心地の良い空間を求める方が増えるなど、暮らし方も大きく変化し「あたらしいくらし心地」をテーマに開催。また、店頭では新しいくらしを叶える普段取り扱いのない商品をご紹介していく。

【展開概要】
■テーマ:withコロナ時代での新生活様式「あたらしい くらし心地」
■西武池袋本店:10月24日(土)~11月3日(火・祝)=7階特設会場、7階インテリア売場各拠点
■そごう横浜店:11月5日(木)~11月16日(月)=6階特設会場、6階インテリア売場各拠点
■西武池袋本店特設サイト:https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/topics/page/1476932.html?cateid=1
■主催:くらしのデザイン展実行委員会 [一般社団法人ケアリングデザイン]
■協力:公益財団法人日本デザイン振興会

<「あたらしいくらし心地」のリビングスタイルを提案 >

コロナ禍で新しい生活様式を求められている今、改めて暮らし方について考える方が増えているが、西武池袋本店インテリアフロアでは様々な「あたらしいくらし心地」を表現したスペースが登場。また食べる楽しみ・作る楽しみ、ひと息の習慣、リモートワーク・スペース、自然を楽しむ、身体も心地よく、くらしの基本の6つのテーマに分けて、心地の良いアイテムとともに「あたらしいくらし心地」を実現するリビングスタイルを提案。

■会期:10月24日(土)~11月3日(火・祝)
■場所:西武池袋本店7階=インテリアフロア特設会場

【グッドデザイン賞受賞商品の展示販売】

 

 

 

■ 食べる楽しみ・作る楽しみ

鉄器ダクタイルパン/岩手製鉄株式会社/14,300円~

 

 

 

 

 

 

 

■ ひと息の習慣

コーヒードリッパーFARO/株式会社キントー/3,850円

 

 

 

 

 

 

 

 

■ リモートワーク・スペース

タスクチェアvertebra03/株式会社イトーキ/77,770円~

 

 

 

 

 

 

 

 

■ 自然を楽しむ

土漆喰植木鉢手作りキットecopo/田川産業株式会社/1,980円

 

 

 

 

 

 

 

■ 身体も心地よく

カーペットWOOLTILE/堀田カーペット株式会社4,950円

 

 

 

 

 

 

 

■ くらしの基本

防水対応型雨水タンク レインハーベスト/株式会社日盛興産/58,000円