米国大手スーパーチェーンの“クローガー”
『2021年のTOP7トレンドフード』を予測

〜 2020年TOP10フードを振り返り、2021年のトレンドフードをキーワードと共に予測 〜

昨年12月に米国大手スーパーチェーンの“Kroger”(クローガー)が、2020年度のトップ10を発表し、今年トレンドとなるトップ7のフードキーワードと共に商品を紹介。

この米国大手スーパーチェーンのクローガーは、日本ではあまり聞き慣れない企業ですが2018年度世界小売業売上ランキングで、ウォルマート(Wal-Mart/米国)、コスコ1(Costco/米国)、アマゾン(Amazon/米国)に次いで、このクローガー(Kroger/米国)という世界的な大企業なのです。因みにクローガーは2017年度までは3位でしが、2018年度にアマゾンに抜かれてしまいました。

※1.:Costcoは日本ではアルファベット読みの「コストコ」と呼ばれていますが、米国では「コスコ」と発音されるのです。

このクローガーが2020年人気のフードTOP10から、今年2021年にトレンドとなるフードのキーワードを予測していますのでご紹介!!

米国と日本の味覚や食文化の違いもありますが、人の思考には共通するものがります。ご参考までにチェックしてみては如何でしょう。

1)フューチャープルーフ・フード

免疫防御から精神面の管理まで、将来において有効的・効果的な機能性を備えたフードやドリンクを求めています。2021年は「未来を守る」と「バイオハッキング」の傾向が加速し続けるにつれて、消費者は免疫力のあるものや脳や腸内の活性化、またエネルギーやストレスを管理サポートする機能を備えた食品に期待。

<参考商品として> 注)あくまでもKrogerが掲げる食品になります。

Simple Truth Superfoods Almond Butter, Simple Truth Elderberry Gummies, Simple Truth Organic Sparkling Probiotic Kefir Water, Kroger Hydro GO Caffeinated Water

 

2)快適さを求める

消費者は、時短調理といった利便性と美味しさを選択肢のバランスをとろうとしているため、調理が簡単なコンフォートフードが増えています。多くの人が直面するストレスに対処するために、消費者は気分を高め、精神的な脱出としてホームベーキングにますます目を向けています。

<参考商品として>

Simple Truth Tomato Basil Quick Cook Risotto, Private Selection Deep Dish Chocolate Chunk Cookie, Private Selection Bronze Cut Decadent Gouda with Aged White Cheddar Creamy Macaroni & Cheese, Private Selection Brown Butter Bourbon Truffle Ice Cream

 

3)ケトタリアン※2食品

脂肪分を分解し、ケトンを血流に送り込む“ケト”のような高タンパクの食事スタイルが注目されており、低炭水化物、高脂肪などの食トレンドの探求とより多くの野菜や植物を取り入れたいという願望のバランスを取るのが難しい消費者に向けた食のトレンド__“Ketotarian/ケトタリアン”に注目。

※2:Dr.コールが推奨する食事法で「ケトジェニック」と「ベジタリアン」を合わせた造語。ケトジェニックとは糖質を減らして身体のケトン体を分子に分解し脂肪を燃えやすくするダイエットのこと。そしてベジタリアンは、肉・魚を食べず野菜を基本とする食事法のことですが、野菜だけだとどうしても糖質が増えがちになります。このケトタリアンは、平飼いの卵や天然のシーフードもOKで、言わば“ケト”と“ベジタリアン”のいいとこ取りした今注目のダイエットを交えた健康的思考の食事方法。

<参考商品として>

Simple Truth Keto Cheddar Cheese Crisps, Simple Truth Keto Chocolate Chip French Ice Cream, Simple Truth Puff Bunz, Simple Truth Popped BBQ Protein Crisps, Simple Truth Emerge Plant Based (Beef) Patties and Grinds

 

4)グローバル・フレーバーとお気に入りレストランのレシピを自宅で再現

クローガーの調査によると、当店のユーザーの60%以上が自宅での調理に時間を割いているそうです。今年、この傾向は暮らしの中でますます加速します。消費者は、自宅でお気に入りの旅行体験やレストランの食事を再現し、グローバルな味とレシピを試すことで毎週のルーチンを盛り上げます。

<参考商品として>

Kroger Season & Sauce Ancho Chile with Rojo Mole Meatloaf Kit, Kroger Prime Seasonings Sweet Smokehouse Season & Rub, Private Selection Mole Negro Cooking Sauce, Kroger Pad Thai Stir Fry Kit, Private Selection Indian-Inspired Jalfrezi Coconut Curry Simmer Sauce

 

5)キノコマニア

ユニークなキーワードですが、2021年はキノコのブレイクアウトの年になります。用途の広い野菜は、抗酸化物質、ビタミン、ミネラルが豊富で、温かいうま味で日常のレシピを簡単に盛り上げることができます。植物ベースのタンパク質、調味料、香辛料、調味料などをブレンドしたさまざまな新製品に期待しています。

<参考商品として>

Simple Truth Quick Cook Mushroom Risotto, Simple Truth Organic Mushroom Umami Herb Seasoning Rub, Simple Truth Natural Blend Beef & Mushroom Patties, Private Selection Grilled Mushroom & Truffle Oil Thin Crust Pizza

 

6)地球のために(環境意識)

消費者はこれまで以上にモノが環境に与える影響について関心を持っています。クローガーの調査では、ユーザーの35%はCOVID-19の発症以来、食品廃棄物をより意識していることに強く同意しており、半数以上がパンデミック後の食品廃棄物を制限するための措置を継続する予定だそうです。今年は植物ベースの肉や植物をブレンドした肉、持続可能なパッケージ製品など、二酸化炭素排出量を削減に配慮した環境に優しい製品の選択肢が増えていることに消費者は気付くでしょう。

<参考商品として>

Simple Truth Emerge Plant Based Chick’n Patties, Simple Truth Emerge Plant Based (Beef) Patties and Grinds, Simple Truth Organic Roasted Seaweed Snack, Simple Truth Organic Air-Chilled Boneless Skinless Chicken Thighs, Simple Truth Organic Lentil Dal Soup

 

7)フレッシュ イノベーション

消費者は、地元の農産物売り場で最新の技術を目にすることができます。その技術には、ノークライオニオン(涙が出ないタマネギ)から店内での水耕栽培農場、農産物の貯蔵寿命を延ばすApeel™※3のような植物ベースのコーティング剤まで、消費者はお気に入りの果物や野菜をピーク時に保つ革新的なソリューションを目にするでしょう。食の鮮度が長くなります。

※3:米国Apeel Sciences社が開発した農産物の鮮度を保ち、腐敗を遅らせる植物由来の物質を使った保存パウダー。このパウダーを水で溶いて生産物にスプレーするだけで農産物の腐敗を遅らせることができます。結果、食品廃棄を無くす問題に取り組めるということになります。

<参考商品として>

Simple Truth Organic Honeycrisp Apples, Kroger Happy Eyes Sweet Onions, Kroger Fresh Avocados, Kroger Fresh Limes

以上、クローガーでは7つのキーワードと共に商品を紹介しています。

 

因みに___

昨年、2020年のトレンドフードTOP10は

ゼロカロリーのソフトドリンク、シュレッドチーズ、フレーバーポテトチップス、ソーヴィニヨンブランワイン、ヘビーホイップクリームは、昨年(2020年)のクローガーユーザーの買い物リストのトップ5になります。

2020年のトレンドTOP10 食品および飲料

  1. ゼロカロリーのソフトドリンク
  2. 4チーズメキシカンブレンドシュレッドチーズ
  3. フレーバーポテトチップス(ホット&スパイシー、リージョナルフレーバー&ミールインスパイアード品種)
  4. ソーヴィニヨンブランワイン
  5. ヘビーホイップクリーム
  6. フレッシュバーガーパテ
  7. 職人のパンとレストランスタイルのパン
  8. バルク個別コーヒーポッド(96カウント)
  9. バラエティチョコレートのパーティーサイズのバッグ
  10. ブラックフォレストハム

「2020年の最も人気のある食べ物や飲み物は、お客様がこの独特な年(covid-19の禍)の課題に適応しただけでなく、新しいルーチンの一部として家庭での料理や食事をどのように受け入れたかを強調しています」と、クローガーのチーフマーチャントであるスチュアート・エイトケンは述べています。

 

さて、米国との味覚の違いはともかく、日本でも “ダイエット”、“ヘルシー”、“(お取り寄せ)グルメ”、“産地モノ”、“環境意識”といったキーワードは共通ですね。そこに “ケトタリアン”や “農産物への新技術”、ユニークな “キノコマニア”といったものがプラスされています。

今年も未だコロナ第3波の渦中にあり、自粛ムードが高まっています。ますます健康やストレスが気になるところ。今年のバレンタインのチョコレートはヘルシー志向でいこうか?また、ギフトには早速ケトタリアンを意識した産地モノにてみるかな?・・・しばしモニター前でいろいろ想像していてニンマリ。おいしい食べ物は人を幸せにしてくれますね。

 

The Kroger Co.

クローガーは1883年にオハイオ州シンシナティにバーナード・ヘンリー・クローガーによって設立された米国大手のスーパーマーケットチェーンおよび持株会社。アメリカのグローサリー(食品雑貨)販売業において、ウォルマートやホームデポと共に大手企業の一角となっている。スーパーマーケットに加え、ガソリンスタンドも営業。2017年度、傘下には35の企業があり、2,782店舗を保有、PBの占有率は売上高ベースで26.7%となっている。