【DATA】LINEギフト
コロナ禍の「会えないバレンタイン」で
利用者数は過去最多に

〜 バレンタインデー当日は昨年比約2.6倍の利用! 

LINE株式会社の「LINE」を通じて友だちに様々なプレゼントを贈ることができるサービス「LINEギフト」において、コロナ禍の「会えないバレンタイン」の利用状況が利用者数、利用件数共に過去最多となったと発表。

※昨年以前の2月14日当日との比較

「LINEギフト」とは、「LINE」のトークを通じて友だちとギフトを贈り合うことができるコミュニケーションサービスで、住所を知らなくても直接会えなくても、LINE上で簡単にギフトを贈ることができるため、ちょっとしたお礼を言いたい時や季節のイベント、大切なライフイベントなど様々なシーンで利用できるサービスになる。

この「LINEギフト」の利用状況が、今年のバレンタインデー当日の214日(日)は、昨年比較で約2.6倍の利用件数となりバレンタインデー当日としては利用者数利用件数共に、サービス開始以来過去最多の利用数となった。

また今年ならではの傾向としては下記のような特徴が見られた。

1)新規利用者の増加

バレンタインデー当日に、LINEギフトで初めてギフトを購入したユーザーは、昨年同日比で約2.4倍に増加。コロナ禍による外出自粛等の影響で、バレンタインに初めてソーシャルギフトを利用したユーザーが増えたと推察される。

2)久しぶりに友だちにLINEをするきっかけに

LINEギフトでは、バレンタインに「感謝の気持ちを伝える」ことを提案しており、SNSでも「LINEギフトをきっかけに、久しぶりに友だちにLINEをして会話が弾んだ」という投稿が多くみられた。またバレンタインキャンペーンを開催していた、2月3日(水)〜2月14日(日)の期間中に、500人を超える友だちにギフトを送るユーザーも現れた。

3)最も多く贈られたギフトはスターバックスのドリンクチケット!配送ギフトも昨年の約7倍の利用件数に!

2月1日(月)〜2月14日(日)の期間中に、最も多く贈られたギフトはスターバックスのドリンクチケット(受け取った相手が店舗でスマートフォンを提示するだけで使用可能な「eギフト」と呼ばれるデジタルギフト券)

スターバックス以外にも、コンビニで利用出来るeギフトなどが多くのユーザーに利用された。

また、受け取る相手が住所を入力することで自宅にギフトが届く「配送型ギフト」においても、21日(月)214日(日)の期間の昨年比較で約4.7倍の利用件数と急増。

今年のバレンタインは、21世紀のパティスリー界を先導する「ピエール・エルメ」や、チョコレートの新しい楽しみ方を提案する日本発のブランド「Minimal」が初出店するなど、配送ギフトの充実が利用の後押しとなった。

LINE社では、今後も様々なサービスを通じて、企業・ユーザーの双方にとって価値のある情報接点を提供し、コミュニケーションインフラとして多様な活用の可能性を広げていく。

コロナ禍が後押しとなってギフトの“贈る”スタイルにも大きな変化が起きている。特に「eギフト」(デジタルギフト券)などは使用できる店舗も増え、バレンタインだけでなくちょっとした感謝の気持ちを伝えるプチギフトの利用に今以上拡大していくだろう。

このように暮らしがどんどん便利になることは良いことだが、ただ、文字で互いのコミュニケーションをとることを“会話”と呼ぶ時代に少し寂しさを感じるのは小生だけだろうか。