初任給

新年度から1カ月半ほどが過ぎました。新しい環境にも慣れて生活に良いリズムができて来るころです。初任給で家族にギフトを贈ったり、食事をご馳走をした方もいらっしゃるでしょう。

義父母は、夫が初任給で贈った湯呑みを大切に使っていました。どんなギフトより特別で、嬉しかったに違いありません。人生の節目のギフトは、お世話になった人に感謝を伝えると同時に、自分の気持ちが引き締まる行動でもあると思います。

(株)山田紙器では自分の誕生日を‘親孝行の日’としています。ギフトと感謝の言葉を贈ることを薦めています。会社の方針と前置きすれば、照れ臭さも軽減できそうです。1年はあっという間に過ぎて行きますが、家族や友人、仕事の仲間など多くの人の支えがあっての積み重ねであることが、本当にありがたいと思います。

いろいろな問題に直面することもあり、必至に乗り越える状況も訪れます。そこから何を得るかはは自分次第、どんなことでも力として蓄え、発揮できるようでいたいと思います。

m.o.