模様替え

ちょっと気分を変えたい時には、部屋の模様替えをしてはいかがでしょう。家具の配置やテーブルクロスやラグなどを変えてみると、新たな発見があるかもしれません。

家の中には古いものと新しい物が混在しています。気に入って取り入れた物だけでなく、必要に迫られて置いているものもるので、だんだんと統一感がなくなっています。学生がいるの間は、片付かないものとあきらめ気味ですが、プランを考えるのは楽しいものです。

北欧の家庭では家具は家族のようなもの、と考えているのだそうです。代々受け継いで修理しながら使っているものや、蚤の市で見つけたランプなど、一つずつへの愛着が感じられます。寒い時期が長く家で過ごす時間が長いからでしょうか、頻繁に模様替えをしては暮らしを楽しんでいるようです。

家の大きさの割に物があり過ぎるのが、典型的な日本の暮らしです。長く使えるものを選んで、シンプルな環境に整えることが少し先の目標になっています。

m.o.