ふるさと納税

ふるさと納税制度の返礼品として、ある自治体が市営墓地の永代埋葬権を発案し話題になっています。市に24万円を納めると、市営墓地に無期限で納骨することができるそうです。お墓は共同の場所に納骨する合葬墓で、管理費は無料です。

都市部では墓不足、維持管理費や寺社との付き合いなど、お墓にまつわる問題を抱えている人がたくさんいらっしゃると思います。今のお墓を次の世代に引き継ぐことを躊躇するという話も聞きます。少子化が分かっていても、なかなか手をつけにくい問題ですが、今後は多様な考え方や合理的な方法を受け入れるべきではないでしょうか。

縁もゆかりも無い土地に埋葬されることに抵抗を感じる方もいるかも知れませんが、現代ではお墓のある地域に住んでいない人の方が多いと思います。仕事や家庭の事情と気持ちの問題はなかなか一致しないので、どこかで割切ることも必要になってくるでしょう。

終活という言葉が広く知られるようになり、お墓もその一つの課題になっています。友人の父上は、葬儀の段取りなど、ご自分の亡き後にまつわることを全て決めておられたそうです。ご本人が思い描いたプランを実行して差し上げるのは、何よりの供養だと思いました。

m.o.