和菓子の日

6月16日は和菓子の日です。全国和菓子協会が制定したのは1979年、洋菓子に押され気味の業界を活性化する目的のようですが、この日にちには歴史的にも祭事としての根拠があるようです。

平安時代中期に、疫病が蔓延し縁起担ぎのために元号が「嘉祥」に改められました。そして嘉祥元年となった848年6月16日に仁明天皇がお菓子やお餅を神前にお供えして祈願しました。この時お供えしたお菓子が日にちに因んだ16個だったそうです。このことがきっかけとなり、毎年6月16日にお菓子を食べて厄除けをする嘉祥菓子という風習が広まりました。

今では、あまり知られていませんが、この日だけの限定品を作る老舗や和菓子を無料配布する神社などがあるようです。和菓子は季節はもちろん、二十四節気や七十二候を表す物も多く、月に2〜3種類は入れ替わりながら目も舌も楽しませてくれます。同じスイーツでもヘルシー志向には洋菓子よりも和菓子の方が合っているかもしれません。一番貰って嬉しいのは虎屋の羊羹、と言う男子もいますから、明日の父の日は和菓子で和んでみてはいかがでしょう。

m.o.