果実の王様

観測史上もっとも早い梅雨明けの関東地方、7月を前に猛暑がやってきました。近所のかき氷屋さんには長蛇の列ができています。

冷たい飲み物や氷菓など、暑い夏を乗り切るためには欠かせない品々ですが、お中元が重なり冷凍庫がパンパンになってしまうことがあります。フルーツも旬の時期には消費が追いつかなくなり、親戚や友人で協力しあうこともありますが、これは楽しいコミュニケーションの機会になります。

時に、食べたここのない物や、調理に手間のかかる物を頂戴することもあります。今日は友人から冷凍ドリアンの話を聞きました。詳しい経緯はわかりませんが、お中元として贈られたようです。外国通の友人家族に喜んでもらうためのチョイスだったようですが、かなりの冒険だと思いました。初めて食した友人の感想はご想像にお任せします。

お中元やお歳暮に、無難な品物を選ぶことは多いと思います。お礼や感謝、親交を深める気持ちと共に、受け取る方へ思いを馳せると、ありきたりな品物が究極の選択になるのかも知れません。

m.o.