プラスチックストロー

コーヒーチェーン店やハンバーガーショップで、プラスチックストローを廃止する動きがあります。今日の新聞にも大西洋の深海魚を調査した結果が出ていました。調査した7種すべてから70%を超える割合で体内の蓄積が確認されたそうです。

プラスチック製品は安くて便利、使い捨てにすることが衛生的でもありますが、環境への影響が懸念されるようになったこれからは、生産、消費ともに誰もが考えなければいけないのでしょう。

プラスチックに限らず、日本のゴミ処理の方法は国を挙げて取り組むべき問題です。スイスでは、街にゴミ箱がたくさんありますが、あふれて散らかっている所はなく、湖畔を歩いてもゴミは一つも落ちていませんでした。美しい環境を守る人々の意識の高さが感じられます。

おもてなしの国、日本はきれいで安全だと言われていますが、ゴミの排出量は世界一という不名誉をどのように払拭して行くべきか、問われているのだと思います。

m.o.