第6回セミナー

季節の変わり目、秋冬物を探しにアウトレットに出かけました。話に聞く通り、平日のアウトレットは、大きなスーツケースを転がす外国人がたくさん訪れています。

もうすっかり慣れてしまいましたが、爆買いぶりは相変わらずです。買物の数が半端なく、会計にも時間がかかりますが、どのお店でも店員さんは丁寧に対応していました。インバウンドを迎える心得を実践している優秀な現場だと思いました。

ギフト研究所のセミナーでは、日本の経済に大きく貢献するインバウンドについてのお話を始め、ギフトという視点からいろいろな考察してまいりました。9月28日は6回シリーズの最終回になります。代表理事 山田 晴久とアドバイザー 鈴木 重行がギフトマーケットの今後について、ギフト研究所としての想いをお伝えいたします。どうぞ奮ってご参加くださいませ。

m.o.