参加賞

きれいにラッピングされたパッケージを開く時はとてもワクワクします。有名店のお菓子など、中身がなにかわかっていても開ける楽しみは変わりません。パッケージには、包みを開く一手間の中にも心に幸福感をもたらす効能があります。

とあるゴルフコンぺの参加賞でお菓子を頂戴しました。知名度のあるお店で、中身は焼菓子やクッキーだと察しがつきます。包装紙を取ると、箱が出てきました。開けてみると、小さな箱が3つキッチリと入っています。外箱と中の小箱は、サイズが違うだけで材質やデザインは同じです。小さな箱を開けると、個包装のクッキーがトレーに載って入っていました。違うフレーバーのクッキーが3箱の詰め合わになっているのかと思ったら、全部同じでした。

開けていくほどにテンションが下がってしまう感覚は久しぶりだったので、逆に面白くなってしまいました。お店の人はお客様の要望通りにギフトをセットして包装したと思います。パッケージ屋さんも、お店の要望通りの箱を作ったのでしょう。誰も間違ってはいないのに、できあがったのは残念なギフトです。いろいろな人が関わったはずなので、どこかの段階で誰かが何かを言ったら、まったく印象の違うものになったかも知れないと思いました。

m.o.