儀礼ギフト

先週、友人から喪中の葉書が届きました。療養中の父上が今月初めに逝去されたとのことでした。家も近く、よく存じ上げていたのでとても残念に思いました。

同じく報を受けた友人と3人でお悔やみのお花を贈ることにしました。馴染みのお花屋さんに間柄を伝えてお任せしました。次の日LINEで、お礼とお供え下さった旨の報告が来ました。「とてもきれいで良い香りのお花、父も喜んでいると思います」とありました。

数日後、彼女から改めてお礼の品物が届きました。丁寧に書かれたメッセージカードと大好きなチョコレート、こちらの方が癒された気持ちになり、永く付き合う友人との絆を改めて実感しました。

大勢の方が関わる葬儀では、儀礼ギフトのシステムがありがたいものです。贈り手は手間が掛からず、受け取り手には忘れた頃に届くという時間の流れも必要なのだと思います。

m.o.