ショコラの祭典

チョコレート好きには嬉しい季節がやってきました。味もビジュアルも最高の逸品が並ぶイベントが各地で行われています。2月に入ると混雑必至なので、今のうちにゆっくり見て歩いてはいかがでしょう。

フルーツやスパイス、お酒などのフレーバーは定番になりましたが、小さな一粒が口の中でいろいろな味わいになるのには驚きます。試食した胡椒のチョコは甘さや苦味、酸味に塩味、最後に胡椒がピリッと来ます。また、フレンチのシェフがコース料理の最後に食べるイメージで作った一粒は、香り高くスッと消えてしまうような口溶けで濃厚さと爽やかさがありました。

パッケージの多彩さもこの時期ならではです。きれいな箱に整然と並ぶチョコレートは優劣つけ難いく、話題の缶を使うブランドもありました。昨年、新聞に大きな広告を出して話題になったブランドは、高級感のある重厚なパッケージに刷新されていました。元々は味とともに宝石箱のようなパッケージが圧倒的に素敵だったブランドなので、ある意味原点回帰かもしれません。立体的に組み合わせブーケ型にして並べたブランドは、シックな色合いのお花屋さんのようで人目を引いていました。

m.o.