ラッピング

母校のお庭の桜が満開です。学生の頃は特に気に留めることもなかったのですが、改めて素敵な環境に置かれていたことをありがたく思います。

同じお庭で収穫した夏みかんのマーマレード作り、最後の工程はラッピングです。2枚のラベルを貼り、原材料や売り上げの寄付先などをご紹介するリーフレットを添えて透明セロファンの袋に入れます。リボンはいろいろな色を使います。茶色など、渋めの色は男性が買って下さるそうです。

手作り品は、たくさん作ることはできませんが、多くのストーリーという付加価値があります。気に入って毎年楽しみにして下さる方や、趣旨に賛同して協力して下さる方のお気持ちが、どこかでだれかのギフトになっています。

いくつか持ち帰ったマーマレードは、お花見会の手みやげにしました。美味しいパンを持ってきて下さった方もいたので、朝食がとても楽しみになります。

写真は東京都指定有形文化財に指定されている母校の本館です。四季折々に夏みかんが実り、桜が咲き、つつじが萌え、紅葉が彩るお庭はいつでも温かく迎えてくれます。

m.o.