for here or to go?

10月から消費税の税率が10%になります。まだまだ先と思っていましたが、今回は飲食料品などの軽減税率の制度が始まりますので、事前に知っておくべき事がありそうです。

日々の暮らしに直結するのは酒類、外食等を除く飲食料品が8%になる場合です。外食かどうかは「役務の提供」か「単なる譲渡」で判断します。テーブルや椅子、カウンター、その他飲食に用いられる設備があること、またはケータリングで準備や調理、サービスの提供があれば外食となり、軽減税率は適用されません。

テイクアウトや宅配、出前は軽減税率が適用されますので、ファストフード店などでは、外食か持ち帰りかを必ず確認されることになります。微妙なとことでは、セルフサービスの立ち食いそばや、コンビニエンスストアのイートインを利用する場合は10%、屋台の焼きそばや新幹線のワゴン販売のお弁当は8%になります。

2%の差がどのように影響するかは分かりませんが、テイクアウトや宅配、出前を利用する人が増えれば、その分パッケージが使用されることになります。機能的で環境に優しいことは当たり前、さらに器として美味しさを演出できるようなパッケージが求められるようになるかも知れません。

m.o.