楽しい再利用

SNSなどで、雑貨や食べ物にアレンジを加えて楽しむ方法がたくさん紹介されています。特別なことではありませんがパッケージの再利用も人それぞれ、発想次第でいかようにもなります。

本来の用途を終えたパッケージは、資源として再利用されることを前提として処分することが多いと思いますが、子供にとっては発想を膨らませることのできるおもちゃになります。車や秘密基地、ロボットなど作って遊ぶ過程が工夫と創造力にあふれています。

セミナーのお土産で利用したハウス型の箱は、友人宅でフィギュアの住まいになりインテリアの仲間入りです。お菓子の小分けや雑貨のギフトをイメージして作られた箱ですが、箱の固定観念が家の形であることを忘れていたような気がします。

ゴミの削減は、地球規模で取り組むテーマになっています。処分やリサイクルの方法が後追いになっている結果、環境問題に発展してしまう世の中ですが、日本の気付きは本当に鈍いと思います。減らすことが大前提ですが、まずは目の前にある箱一つ、ペットボトル一本からその先を考えることを習慣にしていきたいと思います。

m.o.